薬剤師の就職・転職は高収入プラスアルファで考えよう

診療所,薬剤師,求人,転職

初月給の時から高い給料が得られるということで、資格の中でも人気のある薬剤師なのですが、左記の理由で実際の所は国家資格を取得した人は増加の一途を辿るも、まだまだ実際に転職をする時に就職口で困ることはそれほど多くはないようです。
高齢化が深刻な問題となっている日本社会では、薬剤の売買を商取引として考察した場合であっても、未だ伸びていく分野だと言えます。
本当に転職を計画している薬剤師さんは、この理由についてもさまざまです。
以前の職場より高い所得を目指すための転職活動も当然のことありますが、それ以外に職場での働き安さの問題、即ち前職が特定のトラブルや不満等の問題があっての転職という事も多いと言われています。
薬剤師さんの役目というのは、はた目からはそれほど大変なものに見えない事もあるかもしれないけれども、事実上はせせこましい場所にて、同じ会社の人達と毎日一緒に勤務することにより、人間関係から起きてくる摩擦やストレスを感じやすいといわれているようです。
しかし、その件はどの職場でも大小の違いはあっても同じだと言えますね。
仕事場の人間関係での悩みということ自体が決して物珍しいことではありません。
だが、薬剤師のメリットの代表的な物が、実のところ転職するのが比較的に有利であることです。
例を挙げると、インターネットを利用して求人広告を探せば、必ず沢山の求人が見つかるのが薬剤師という職業なのです。
それにほぼ年収が高いので、勤務地等の条件がかみ合えば、思ったほど尻込みする要素もありません。
即ち、薬剤師という職種は高給取りということだけではなく、職場環境さえチョイスできるライセンスであるともいえるのです。

薬剤師が転職・就職するためにおすすめのサービスとは?

薬剤師が就職・転職するために、お勧めの求人転職サービスサイトの紹介です。
各々のサイト共に、非公開求人があります。
非公開求人とは、無料登録しないと見られない求人情報のことです。
より豊富な求人情報を調べるなら、複数の転職求人情報サイトに無料登録することをおすすめします。



マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

楽天リサーチにて、薬剤師転職支援サービス利用者満足度No,1に3年連続輝いているサービスサイトです。
平均の求人紹介数22.4件という、バツグンの求人紹介実績があります。
無料登録すると、希望条件に即した求人情報を複数紹介してもらえます。
直接会っての転職相談会もOK。地方の方や忙しい方は、電話やメールでの求人紹介でもOK。
情報を収集する能力の高さから、「求人の数」だけにとどまらず、「求人の質」にもこだわりがあります。
あなたの希望にぴったりの勤務地、無料登録で見つけてみては?
電話受付 (平日09:30〜20:30、土曜09:30〜17:30)
マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

↑↑↑↑↑
薬剤師転職支援サービス利用者満足度No,1


リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

薬剤師専門の求人転職情報サイトとしては、国内最大手の一つです。
なんといっても、人材業界最大手のリクルートグループが運営しているのが強みです。
薬剤師の総求人件数は35,000件を超えます。
非公開求人の専任アドバイザーが、希望する条件の求人検索を手伝ってくれるのです。
面接日の調整、労働条件の交渉など、プロが全て段取りしてくれます。
登録はもちろん無料☆
登録した名前などの個人情報は、許可なく企業側へ出すようなことはなく、個人情報の保護の点も、安心です。
今よりももっと良い条件の勤務地探し、無料登録で始めてみては?
電話受付(平日09:30〜21:00)
リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師

↑↑↑↑↑
リクルートの薬剤師求人サービスサイト


日本調剤ファルマスタッフ

日本調剤ファルマスタッフ

調剤薬局チェーングループ大手「日本調剤」の転職求人サービスサイトなので、調剤薬局への転職に強いのが特徴。
また、高収入の求人情報が多いのも特徴の一つです。
派遣にも強く、正社員の高収入求人だけでなく、派遣の高時給求人も多くあります。
さらに、厚生労働省による「職業紹介優良事業者」に認定されている、信頼ある転職求人サービスサイトです。
個別面談で、コンサルタントと直接会って相談できるので、じっくり話を聞いてもらい、適切なアドバイスをもらうことも可能です。
調剤薬局の求人を探すなら、外せないサービスサイトと言えます。
電話受付 (平日09:00〜21:00)
日本調剤ファルマスタッフ
日本調剤ファルマスタッフ

↑↑↑↑↑
調剤薬局の求人情報ならココ!


薬キャリ

薬キャリ

業界でも最大級、8,000件を超える「非公開求人」がある、薬剤師に特化した転職求人情報サービスです。
年間7,200人を超える薬剤師さんが会員登録している、業界でもトップクラスの実績があります。
最短3日、平均でも1〜2週間ほどで、良い条件の職場の情報を得られることでしょう。
薬剤師転職専門のコンサルタントが、良い条件の求人探しを徹底サポート。
専任コンサルタントが、あなたのお話をつぶさにお伺いし、企業と薬剤師との間に入ることで、一度は不合格になった企業へ合格した事例も。
もちろん、条件交渉、事前準備、面接準備など、他のサポートも充実しています。
登録はもちろん無料、20秒のかんたん登録です。
登録から求人探し、就職完了まで、全部無料のこのサービスサイトで、非公開求人を紹介してもらってはいかが?
薬キャリ
薬キャリ

↑↑↑↑↑
非公開求人情報の多さが特徴!


薬剤師ではたらこ

薬剤師ではたらこ

看護師の転職求人サービスで有名な「ナースではたらこ」も運営している、上場企業のディップ株式会社が運営するサービスです。
求人数も多く、また、非公開求人も多数保有しています。
特徴は、勤務地への「逆指名」が出来ること。
働きたい薬局や医療機関などに求人があるのか、確認を代行してくれるのです。
例えば家の近くのドラッグストアや診療所など、良さそうな職場候補があったとしても、そこから求人募集が出ているのか分からない場合、確認してくれるのです。
逆指名からの就職・転職も出来る、オススメのサービスサイトです。
電話受付 (平日10:00〜20:00(水は19:00まで))
薬剤師ではたらこ
薬剤師ではたらこ

↑↑↑↑↑
逆指名も可能な転職サービス

薬剤師の診療所における配置基準について

病院や診療所には薬剤師がいるところといないところがあります。その違いはどのようなところにあるのでしょうか。
それは医療の法律によって定められている薬剤師の配置基準が影響しています。診療所における薬剤師の配置基準について説明します。
医療法では、病院または医師が常に3人以上働いている診療所は専属の薬剤師を置かなければならないということになっています。
そのため、働いている医師が2人までの診療所は薬剤師を配置する必要はありません。
また、3人以上の場合においても、所在地の都道府県知事の許可を受ければ配置は必要ないことになっています。
では、どのようなときに許可を得ることができるのでしょうか。
それは投薬を行う機会があまりなく、処方する薬の種類が少なく作業が単純である場合に認められる場合が多いです。
例を挙げると耳鼻咽喉科や眼科、または整形外科などが認められることが多いです。
都道府県はその診療所の調剤数と標榜科を考慮して認可を与えています。
このように医療に関係する施設には配置基準というものがあり、薬剤師だけでなく、医師や看護師などの人数においても規定がされています。
薬剤師がいるところといないところがあるのはこのような理由によります。

院内処方の診療所での薬剤師の仕事

診療所は、病院とは違う定義がされています。
病院は入院ベッド数が20床以上のものを言い、診療所とはベッドがないか、19床以下のものを言います。
診療所には薬剤師がいなくても構いませんが、病院では最低1人は勤務することが義務付けられていますが、
病院にも診療所にも活躍する薬剤師はたくさんいます。

 

診療所で働く薬剤師の仕事は、多岐に渡ります。
処方箋を持って薬局へ行く院外処方と異なり、院内処方を行っている診療所の場合は、
調剤から患者さんへの薬の説明も行います。
院内処方を行うところは減っていますが、お年寄りなど、あちこちに行くのが大変な場合など、
診察してもらったところで薬も受け取ることができるというのは、大きなメリットになります。
院内処方は、院外の薬局で処方した薬が、指示通りのものではないという不安の解消にもつながります。

 

また、診療所の薬剤師は、入院患者の薬の管理も仕事に含まれます。
複数の診療科目を受診している場合などの飲み合わせの確認も行われます。
そして、開発された新薬を投薬する場合には、副作用が起きないかどうかも確認する必要があります。

 

診療所に勤める薬剤師の仕事は、調剤から幅広い範囲があり、やりがいのあるものです。